PC Update 実施

PC Update計画」にコメントをいれたあと、 PC Update 計画を実行にうつしました。

最終的に、新たに更新したシステムはこれ。

CPU: Athlon64x2 5000+ (2.6GHz) - \26,000-5,000引き
マザー: nForce 570SLI - \17,000
メモリ: DDR2-667 1GB - \6,000
グラフィック: GeForce 7900GS - \20,000
電源: 550Wタイプ - \10,000

当初予定より、ひとまわり上のものになりました。とくにCPUは、マザー込みで5000円引きだったので、当初の目安だった2万を超えて2万5千前後のクラスを選択。グラボも2万の範囲で 7900GS を選択。

想定外だったのは、電源ユニット。いつの間にか24ピン仕様が標準になっていたようで、手持ちの20ピンの電源がつながらず、急遽、追加購入。
しかし、前回構築した2004年夏時点で使えたモジュールがもうほとんど使い回しがきかないというのも何だか。IDE のコネクタもマザーには1本しかなく、 HDD がシリアルATA以外使えなくなる日も近いのでしょうか。PC自作のメリット、ってモジュールの使い回しができて低コストでアップグレードできることだと思っているのに、まるで新品1台作り上げた感じがします。

とりあえずシステムの組上げにおいてはは相性などの問題はなく、無事完了。
が、ひとつ大きなトラブル。
ハードディスクの移行に失敗しました。OSのインストールからやり直しです。予定では、組上げたシステムに以前のハードディスクをつないで、ソフトウェアはそのまま使いまわすはずでしたが、BIOSではディスクの認識はするものの、内容は読めない模様で、起動することができません。前のシステムで RAID0 にしていたので、今回も RAID0 にすれば読めるだろうという期待をもっていましたが、駄目でした。一応駄目な覚悟はしていましたが、バックアップを取りませんでした。重要なデータは何一つおいていないマシンなので、べつにかまわなかったですけど。逆に RAID0 上にそんな大切なデータは怖くて置けない(笑)

まずは OS のセットアップが完了した時点で、 Vana'diel Bench3 を走らせてみると:
7323-H
9285-L
なかなか良い結果のようです。
あとはこれでファイナルファンタジー11の再インストールに何時間かかるだろうか、かと。

なお、これまでの Athron64 システムは、 AthronXP 1800 のシステムに置き換えました。こちらの移行はOSインストールしなおすこともなく、トラブルなく完了です。

■追記:
OSのインストール開始が 11:30 ごろ。
FF11 のインストール完了が 18:30 ごろ。
長かった…

---
レシピ詳細
- AMD Athlon 64x2 5000+ Rev.G
- ASUS M2N-SLI DELUXE
- AOpen 7900GS-DVD256X
- ノーブランド DDR2-667 1GB
- サイズ 剛力 550W

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック