[FF11] 海へ…

ファイナルファンタジー11の話。
LSの面々とともに、ついに、アル・タユへ到達しました。

5/14
半ば行き当たりばったり(?)で、「畏れよ、我を」に挑戦。
とりあえずは練習ということで、薬品など使用せずに挑みました。
構成は、忍青赤赤の4人、全員初挑戦。私は赤魔道士で参加。

対マメット戦は特に問題なく撃破。

続いて、対オメガ戦。
なんだか順調にHPを半分ほどまで減らしていったので、ひょっとしたらいくのでは、と思ったものの、ここでオメガが大暴れしはじめて、全滅。

予定調和でしたがとりあえず雰囲気がつかめた気がします。マメット戦でコンバートしてしまうと、オメガ戦で肝心なときにリキャスト間にあわなくなるのと、オメガ戦で打ち込む精霊は氷と雷がよさげみたい、というのがこの一戦での感想でした。

5/15
「畏れよ、我を」再戦。今度は本気モードです。
構成は、忍青侍詩赤赤。今度はまじめにAF引っ張り出してきました。クリア済みの詩人さんがお手伝い参加をしてくれて、全体的なコントロールをしながら進めていきます。

まずは対マメット戦。前座らしく危なげなく撃破。
ただ、オメガ戦のために MP 使用を控えめにと思っていたら控えすぎ。撃破後に MP 復活することを忘れていて、3/4 近く位残したのがちょっともったいない…コンバしない程度に使い切るべきだった。

続いて、対オメガ戦。
後半から順番にポリマーを使いながら進めていきます。
ここでいくつか想定外のトラブルがあり、建て直しのために一旦全滅。
全員回復後、再開です。
私の番でのポリマー使用が少しタイミングを外しましたが(直前にバインドだなんて(笑)、その後まもなくオメガ撃破。

最後、対アルテマ戦。
あとは一方的に押し込んでいくだけ。
とくに危なげなことなく、撃破。

5/16
NM戦を一通りこなしたあと、いけいけの流れで「武士道とは」対テンゼン戦。
構成は、忍侍赤赤。前回の青魔さんは今回お侍で参加。あとは前回と同じジョブです。また、私だけが lv.73。あとは皆 75。ここの BF でレベル制限の枠が取れます。

本気のようなそうでないような気分で BF へ突入。短時間決戦ということで、赤魔道士は連続魔ブリザド、ほかの皆さんも一気に叩きこんでいきます。

が、テンゼンが上手をいくのか、こちらは次々倒されていき…
テンゼンが自分に向かってきたときには MP も底を尽きていてコンバートも何もできず、そのまま倒され。

このまま壊滅へ向かっていった雰囲気だったのですが、しかし、最後まで残ったお侍さんが奮闘。
そして、ついに撃破。

とうとう、この地に降り立つことができました。

アル・タユ


皆で感無量な雰囲気に浸りながら、あたりを散歩。

アル・タユ


皆さんおつかれさま、そしてありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック