PC再構築

メイン PC が不調になったので、 PC を再構築。

しばらく前から、電源をオフにしても何か微かな音がするようになり、電源ユニットのメイン電源を落とすと音が止むので、気になるのでメイン電源をオフにするようにしていたところ…
電源ユニットをオンにしてからすぐにはフロントスイッチで PC が起動せず、30分~1時間ほど置いてからでないと起動できない状態に。

また、そのころからオンボードの LAN も動作しなくなり、しまってあった PCI 接続の LAN カードをつないでいる始末。

状況からは電源ユニットかマザーのどちらかが壊れかけている、と思えるのだけど、どちらかわからない。あるいは両方か。

この PC 、基本的には2004年8月に構築したものがベースだけど、これは
ソケットが462、
グラフィックカードは AGP、
メモリは DDR (2にあらず)、
などと今となってはもう骨董品に近いもの。
当然、マザーを変えれば CPU、メモリ、グラボは流用できず、それらも用立てなければいけない。でもまだまだ十分現役で使えるんですけどね。

とはいっても不調なのはどうしようもない。
ので、いろいろパーツを買いあさって来ました。

購入編


基本的には、サブPC(主にFFなどゲーム用)と流用が利くように構成をあわせておきます。

マザーは Socket AM-2 ベース。
グラボを買うのが億劫だったので(笑)、グラフィックがオンボードで搭載(RADEON HD3300)されているものを購入。
したがって、グラボは今回は購入見送り。一応このPCでも FF はいれてあるけど、果たして動くのか興味があります。

あわせて CPU は Athlon 系では最上位である AthlonX2 6000+ を購入。
ただ、この CPU はサブPCで使用予定で、現行サブPCの AthlonX2 5000+ をこのメインPCへ持ってくる予定。Athlon 系だと Phenom という選択肢もあるけれど、主な用途がゲームでは3コア4コアってどうも価値なさそうだし、単一コアでは Athlon6000+ が 3.1GHz で駆動するのに対し、Phenom は最上位でも現行では 2.6GHz が最高。そして値段も高い。(Phenom X4 が 1万7千、それに対し AthlonX2 6000+ はその半値の8千以下。)
とりあえずこのスペックで今は十分だろう、と。

ただ、いまどきのマザボは IDE が1つしか搭載されず、したがって接続できる IDE デバイスは2つのみ。いまメインPCには HDD 2本+DVD+DVD/R+CD/R と無意味に IDE デバイスをつないでいるので、全然足りない。(今でも5本はつなげられないので、CD/Rはあってもケーブルはつないでなかったかも)
したがって、いまさらながら PCI 接続の ATA 増設カードも購入。

電源はとりあえず 500W のものを購入。

メモリは、以前メインPC用に間違えて購入した(従ってサブPCに挿していた) DDR2 2本、2GB 分があるので、これも購入見送り。

購入は以上で3万5千弱。まあお手ごろ価格で済んだかなあ。

導入編


まずはメインPCの不調の原因を探るべく、まずは電源だけ交換。
そして、スイッチオン。

あっさり起動しました。
今回の問題は電源にあり、ってことで、まずは完了(ぉぃ)。

まあ、折角なので、サブ PC の CPU 交換もしてみました。

まずは CPU 交換に先駆け、 BIOS のアップデート。
BIOS が古いと新 CPU が認識できず起動できないことがあるそうなので。

BIOS 更新は簡単に終わったけど、見事に PC 起動せず。
よくよくみてみると、 BIOS 更新時に RAID の設定がクリアされたようで。

前回の RAID 設定ミスのときを思い出しひやひやしながら再設定し、再起動。

問題なく起動して、ひと安心。
あとは CPU 交換だけなので特に問題はなさそうです。

まずは CPU の箱をあけてみて…
相変わらず大きな箱に占める小さな CPU と大きな CPU クーラーの割合に
一体どっちを買ったんだろうと思いながら、 CPU クーラーを見てみると、

ヒートポンプ?


左: Athlon 5000+ 付属純正品
右: Athlon 6000+ 付属純正品

今は純正品でもヒートポンプを使うのね。
道理で持ち帰りのとき、いやに重いと感じていたのか。

そんなこんなで CPU を交換し、再起動。
特に問題なく完了です。

とりあえず FF ベンチ(Vana'diel Bench3)を走らせて前回と比較してみます。

前回
----
7323-H
9285-L

今回
----
7841-H
9913-L

CPU 交換(2.6GHz->3.1GHz)だけでもずいぶん向上してます。
どうせなら L が1万超えるところも見たかった気も(笑)

CPU 温度も定常43度ほど。
FFベンチ使用直後でも55度前後。
冬だからかもしれないけど、十分安定した動作になりそう。

メインPCの再構築は次回にでも。
(っていつ?

---
構成詳細(サブ)
- AMD Athlon 64x2 6000+
- ASUS M2N-SLI DELUXE
- AOpen 7900GS-DVD256X
- ノーブランド DDR2-667 1GB
- サイズ 剛力 550W

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • メインPCも組換え

    Excerpt: サブPCから外したCPU、このまま放置しておくとやがて動かなくなることが経験上あるので、とりあえずメインPCを組み替えて換装させることにする。 Weblog: クヴァルチーラ コーシェク racked: 2008-12-22 00:11
  • ふたたびの電源交換

    Excerpt: 災難はたてつづくのか。 組み替えたばかりのサブPCがいきなり起動不能に。 Weblog: クヴァルチーラ コーシェク racked: 2008-12-29 09:38