謹賀新年 powerd-by POV-Ray

あけましておめでとうございます。



年賀状用に作成した丑絵をアレンジしてブログ用にも作ってみました。
フリーの3Dレンダリングソフトである、 POV-Ray を使用しています。

POV-Ray は、テキストで作成された3次元モデルのデータを、レイトレーシングによって描画するものです。ただし、この3次元モデルデータ、テキストで作成できるとはいえ、いちいちメモ帳などで手で作ると大変なので、これもまたモデリングツールと呼ばれるソフトで作成しました。モデリングツールにもいろいろありますが、今回は Moray というのを使用しています。

とりあえず丑絵ですが、まあ、適当です(笑)
元ネタは、キペロフでしょうか。アリーサでしょうか(笑)
この中でつかっている、ギターとドラムセットは、 Moray のオフィシャルサイトにある Object Library にあるものをつかっています。これらのライブラリは、とても精巧にできているので、この絵のように小さくしてしまうにはもったいない代物です。球(Sphere)と円柱(cylinder)を数個組み合わせただけの適当に作った牛とはミスマッチなものです。

キーボードも自作で適当ですが、鍵盤はちょっとこだわったつもりです。が、死角になってしまったので無駄な苦労のようです。

この手のテクスチャの作成が一番複雑で、自身もよくわかっていませんが、Moray のライブラリにもいろいろ用意されているので、参考になります。

あと、影が2つあるのは光源を2つ用意したからで、こういったところはちょっとこだわっています。

このような3Dレンダリング+モデリングソフト、私のようにたいした絵などかけない者でも、座標系とか数字に悩みさえすればそれなりの絵がつくれるので、なかなかに良いです。

本家サイトやドキュメント類は英語ですが、結構歴史もあるソフトなので、日本語による解説サイトもいろいろあります。

---
POV-Ray Official Site:
http://www.povray.org/

Moray Official Site:
http://www.stmuc.com/moray/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック