梅雨の合間

梅雨の季節の中、夕方から久々の晴れ間。
そして、久しぶりに夕方5時半に会社を出て帰宅。

しかし…
この季節は大気の塵が洗い流されるのか、日差しが強烈に強く感じるほど。普段この時間に帰りなれてない(笑)せいか、どちらかというと色白な(爆)私にとっては、駅までの数分がまるで焼け焦げそうな気分。
#実際、強い日差しのなかではすぐに腕とかが赤くなってしまう

そしてそんな中思ったのは、もし日本にサマータイムが導入されたらどうなるのか、と。

すくなくともこの時間より更に日差しは強くなるはず。こんな中、今のヒートアイランドな都心において夏場の4時台に外出することは危険行為じゃないかと。普段外回りでこの時間に外出している人からすれば何事かといわれそうですが…

でも実際、夏場の日差しの中では外出しない人のほうが多いと思うし、しかしサマータイムはこの日差しの中、強制的に外に出させる制度だし。
#なら残業せよ、というのは別の話。

でもそういうことを決める人たちって、普段冷房の効いた場所にて、そこへの往復には冷房が効いて窓には黒フィルムが張られた車で移動しているのではないかと。連日国会の様子が映像に流れるけど、たいてい現れるのはスーツにネクタイ姿では多分冷房設定28度なんてやってないでしょうね。

そしていざ施行して、熱中症や皮膚がんが増えたとしても、それは「地球温暖化のせいだ」と言い張るんでしょうね。

私的には正直、地球温暖化よりもまずはヒートアイランドの問題の方が直近の課題じゃないの、と。街中を歩きながら、アスファルトの照り返しと脇を掠める車や客待ちタクシーの廃熱にうんざりするのですが。結局経済を絡めるとこっちは何の対策もされそうにないし。
#高速道路の低額化とか、自動車何とか税の廃止とかって、これらの問題は解決どころか悪化させるわけだし

正直なところ、こんな一方的な施策に同意などできるはずもなく。

今度の都議選、こんな思いを託せるひともいるのかどうか…
選挙の意義すら感じなくなる今日この頃。

p.s.

電車を降りるころには随分と陽も翳ってきていて、久しぶりに足を伸ばして買い物。
荒川を渡る橋の上は強い風が吹いていたけどそれが心地よく、やはり夏を満喫するのは夜だな、と思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック