その白魔道士、凶暴につき?

ナイトに次に目指した白魔道士も、ようやく lv.75 に到達。

なぜ白魔道士か。
もともと、状態回復の役割は苦手で、だいたい誰がどんな状態異常になったかが把握しにくい。
戦闘中に流れ続けるログをひたすら追い続けるとか、敵のWSから判断するとかが、難しい。
そんなわけで、半分放置していたわけですが…
カンパニエで時々みる、蝉を張替え両手に棍棒を持ち敵とガチでわたりあい時折ヘキサストライクを見舞わせる、
そんな白魔道士にあこがれてしまい…
(何か違ってる(笑))

これまでもなんとなく、だらだらと(ミラテテなどで)上げてきた白魔道士。多忙な日々に一区切りついた5月ぐらいから、一応真面目に白魔道士上げに手をつけることに。この頃確か lv.50 くらいだったけど、まあだいたい順調にすすんで、6月半ばには66。

そしてちょっと寄り道。
学者が35から机上演習ことに気づいて、
白魔が70になるまでにサポ学者で机上演習が使えるようにしておきたいな、と。

だいたいこの頃のレベル上げって、結構回転がはやく、座って MP 回復の暇がなかったりするのだけど、そしてこんな状況で更に、赤魔道士や詩人がいなくてリフレシュの支援がないことも。これまで後衛としては自身が赤魔道士をしていたので、赤魔がいない状況って考えられなかったわけですが。

そんなこんなではじめた学者。
それにしても低レベルはさくさく上がるな、と。
1回のPTで、3~4ぐらいあがってしまう。
結局学者で PT に出たのは(覚えてる限りで)5回だけ。
最後の頃はほとんど FoV ばかりになったけど、8月の終わりに学者37に到達。
同じ頃白魔も70になり、白魔サポ学者デビュー。
…でも結局レベルシンクのために机上演習は1度のPTでしかなかった…

そして、白魔70以降、結局PTに出たのは覚えてる限りで、3度だけ。
あとはほとんどカンパニエ。
PT希望出しても誘われなかったり、PTでる気分にならなかったり。
なんとなく高レベルPTは自分の性にあわないのかも、と思うことも時折。
最近ちょっと調べごとがいろいろあったので、カンパニエしながら空き時間は放置、ということも随分あったり。

結局75に到達したときも、カンパニエ。
最近なんとなく両手棍スキルが上げたくなって、ブンカール浦にこもって空き時間に蟹を相手にしながら、カンパニエが始まれば即参戦。
そんなことをしながら75に到達して、両手棍スキルも 175 に。

カンパニエではもっぱら、サポ学者で参戦。
前記のように、サポ忍でもいってみたいけど、すっかりサポ学に慣れてしまったため。
…まあ、蝉はまだ慣れてないし
そのうちやってみよう。

ところで、75での装備は今のところこんな感じ。
胴は思い切ってノーブルを購入。
また、手足にはヘイスト効果のあるブレスド装備。
頭は、状況に応じてトランプクラウン、エリートベレー、ワラーラターバンなどを使い分け。
鈍器(笑)は、ブラスジャダグナ。そして最近、両手用にカプリコンスタッフも購入。
盾は赤魔でも使ってる、タリカー。
結構お金かかってます(私にとっては)。
それも、白魔らしからぬ方向に。
しばらくこれで暴れてます。



---
現在までの軌跡
メインジョブ: 赤魔(75)、暗黒(75)、ナイト(75)、白魔(75)
サブジョブ: 踊り子(40)、学者(39)、シーフ(38)、忍者(37)、黒魔(37)、戦士(37)
合成スキル: 調理(78)、錬金(60)、木工(59)、骨(37)、鍛冶(33)、革(32)、裁縫(30)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック