皆既月食 2011/12/10

2011年12月10日は皆既月食。ここ最近ではかなりの好条件とのこと。
最近デジタル一眼を買ったので、折角なので撮影してみました。

ただ、持っているレンズは標準のレンズのみ。
望遠があまり利かないので、全体ではこんなかんじに小さくしか写りませんでした。

画像
25%縮小


以下、適当にトリミングを行ったもの(拡大縮小はなし)を貼っておきます。

■21:40 まだ半影のころ
画像
ISO-400 f/8 1/250s


■22:21 半分くらい欠けたところ
画像
ISO-800 f/6.3 1/160s


■23:17 皆既月食
画像
ISO-1600 f/5.6 1/4s



皆既になると月明かりがなくなるため、先ほどまで見えてなかった星がはっきり見えるようになってきます。

■オリオン座 全景
画像
ISO-1600 f/5.6 8s


■すばる(プレアデス星団) 中央下あたり
画像
ISO-1600 f/5.6 8s


こういった星野写真は標準レンズでも十分に写ってくれるようです。オリオン座は全体がすっぽり入り、中央の三ツ星の下にあるオリオン座大星雲も写ってくれています。すばるについても、実際の空ではぼんやりしたものが見えてるような、でもはっきりは見えない、そんな状態でしたが、その方向にファインダーを向けてシャッターを切ってみると、そのなかに写ってくれました。

ただ、被写体が暗くて小さい分、ピントあわせには難儀しました。あと、三脚が弱かったのでブレやすく、シャッターを押すときのブレはセルフタイマーで回避しましたが、長時間の露光ではブレが目立ってしまいます。

とりあえずちゃんとした三脚と望遠レンズはそろえたほうが良いと思った次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック