Би-2 「ナーシェストヴィエ」ライブ

毎年恒例のロックフェス、ナーシェストヴィエ(Нашествие)は今年で20年。
節目のせいか、ステージのライブのインターネット中継の無料配信が行われている。

そして金曜日にはБи-2(Bi-2)が久しぶりに登場(2年ぶりくらいかな)。
時間はモスクワ時間21:00-22:30、日本では時差6時間なので深夜3時から。
去年のアルバム、「Горизонт событий(Event horizon)」をリリースして以降、同名のライブプログラムやツアーが行われていたが、今回のナーシェストヴィエでのБи-2のライブはこの最終公演になるとのこと。せっかくなので、ちょっと厳しい時間だけれども久しぶりに視聴してみた。

朝3時に起きてみると、まだ前のLounaのライブが行われており、タイムスケジュールが30分以上遅れて進行している模様。まだ頭がぼーっとしていたので目覚ましにはちょうど良い時間かなと。

やがてLounaのライブが終わり、30分の舞台交換を経て4時前には開始。

ライブの方は上記のアルバムを中心にして以前の名曲も混ぜながらのステージであった。
背後には大きくカーブを描いた横長のスクリーンが吊るされていたが、これは同名のライブツアーの動画や写真でもみたものなので、ナーシェストヴィエのステージの中においてもこのБи-2のライブのために持ち込まれたものではないかと。

曲「Виски(ウィスキー)」では謎の熊の着ぐるみで現れたり(この着ぐるみはよく写真でアップされているのを見た)、途中にはドラムのソロ演奏もあり(これは初めて見た)、また最後のほうでは「Полковнику никто не пишет(ポリコヴニク・ニクトー・ニ・ピシェート)」でヒートアップし、その後「Серебро(セレブロー)」などしっとりとした曲でエンディングを迎えるなどは王道の進行であり、至福の時であった。

今回の配信はЯндекс Эфир(ヤンデクス・エフィール)。
ブラウザの画面でみていて全画面にはしなかったこともあってかほぼ常時480pであったが、そのせいかほとんど途切れることもなかったのもよかった。

いずれ今回のライブの模様もアーカイブとして公開されるかもしれないけれども、このライブで演奏された曲の過去ライブ動画をいくつかピックアップ。

追記 7/21
現時点で以下でアーカイブが公開されていたのでリンク。
https://yandex.ru/efir?from=efir&stream_id=47297514c4fe7bd682f59a298d084c25
追記ここまで

Родина(ローヂナ/祖国)
今回とは別だけれども過去の同名ライブより。アルバム「Горизонт событий(Event horizon)」にも収録された曲。今回もステージ構成含めこんな雰囲気で、メンバーが少しづつ舞台から去っていった。


Полковнику никто не пишет(ポリコフニク・ニクトー・ニ・ピシェート/大佐に手紙は届かない)
別のライブの動画だけれども今回もこんな感じ。この曲のライブバージョンはやっぱり好き。


Серебро(セレブロー/シルバー)
こちらも過去の同名ライブより。今回もこんな感じのエンディング。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント