中島みゆき 「いまのきもち」

中島みゆきの新アルバム「いまのきもち」。
なんともいえない魅力的な歌にすっかり惹きこまれてしまった。

最初、新譜のニュースを見たとき、正直なところ、「またリメイク?」と思った。
2年前の「おとぎばなし」でリメイクを出したばかりだったので、ちょっと興味が色褪せてしまっていた。

でも。

中島みゆきの曲を聴くようになったのは、十数年まえの「夜を往け」以降。
初期の頃の曲はあまり聴いていなかったりする。「いまのきもち」に収録される曲の一番新しいものでも1988年。中島みゆきの曲を聴くようになる以前のもので、半数が知らない曲。
そしてまた、これまでに聴いてきたアルバムのアレンジは瀬尾一三によるものがほとんど。ベストアルバムなどで初期の曲を聴いたときも、(いい曲もあるのだが)ちょっとしっくりこないこともある程に、このアレンジに聴き慣れているようである。

最近のアルバムは、バイオリンなどのストリングスを中心にベースやドラムなども交えたサウンドが中心となっている。そしてそういうのが結構好き。
ひょっとしたら、このアルバムでも、昔の曲がこういったアレンジで聴けるのかもしれない、と思った。

そして、その期待どおりのアルバム。
「歌姫」などは(オリジナルもすきだが)これを聴いていると、もうなにも手がつかなくなってしまう。CDを聴きながらちょっとひと仕事しようかと思っていたが、なんだかもうそんな気分ではなくなってしまった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック