[FF11] lv.53 アトルガン・デビュー

FinalFantasy 11の話。掲題のレベルは、暗黒騎士。
はじめて、アトルガンエリアでのPTに参加しました。

白門に移動したあと、狩場は浮沼ということで、ナシェモへ移動。移送の幻灯をつかっての移動となりましたが、幻灯を使うのも初めて。一瞬、右往左往しましたが、手近の NPC に話しかけたら、幻灯の許可証がもらえました。

次に幻灯を使用して移動しようとすると、今度は行先の地名がわからない。行先のエリア名でなく監視硝というのはちょっと厄介です。監視哨とエリアの関係をおぼえないと。

そういえば、幻灯は5箇所あけたと思っていたら、なぜか行先の選択肢は4箇所だけ。最近できた監視哨はともかく、ドゥブッカがまだだったとは気づきませんでした。まだ当面使うことないだろうと幻灯を使わずにいたのがよくなかったのかも。いざというときのために、ソロのときにでも前もって幻灯を使ってみればよかったかと思います。

そんなこんなで、慣れないエリアを他のメンバに必死について行きながら、無事にナシェモに到着。はじめてのサンクションももらい、狩りを開始です。

いざ、狩りをはじめてみると。

アトルガンエリアの敵は柔らかいと聞いていたけど、それはこういうことなのか、随分とさくさく狩りがすすみます。スタートしてからノンストップで1時間くらい続いたでしょうか。MP 待ちで中断することもありませんでした。MP もちが3人(青魔、白魔、召喚)、対し MP ヒーラは赤魔一人なのに、 MP が枯渇することがなかったのも不思議です。今まで経験しなかった狩り具合で、新鮮な気分でした。

最終的には、PT終了時点でレベルは上がりませんでしたが、これまでにない稼ぎ(経験値)がはいったのではと思います。

これまではほとんどビシージ目的でホームポイントをアトルガンにしていたものの、普段はそこにいる理由があまりないので主にジュノにいましたが、今後はアトルガンにいる機会も多くなるのかも。
# でも白門は重いから嫌い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック